2017/10/08

センス

Dscf4099
 
運動能力があってもセンスに恵まれなかった選手の引退のウェブ記事を目にしました。サッカーや野球って、センスが重要って云われますよね。私は学生の頃にサッカーをやっていました。サッカーでのセンスの個人差はものすごいものがあり、それが活躍するしないを決めていたように実感していました。自分の場合は体力やパスなどは何とか人並みではあったものの、球捌きのセンスはどうやっても磨くことが出来ずに苦労ばかり。。。
 
 
自転車もセンスなんでしょうかね?
 
MTBの下りやコーナーリング、フロントアップなんかは、まさにセンスっぽいもの。しかしもっと単純な平地ペダリングとかであっても、センスが必要なような気がします。幸い、サッカーほどは繊細なセンスは必要なさそうですし、レベルアップは大人になってからのトレーニングでも十分に間に合いそうです。
 
 
ちなみに、もう一つの大きな趣味であるヒールフリースキー(テレマークやBCクロカン)の滑りは、センスそのものを体現するものです。センスの集大成が滑りであり、そして個性として目にするわけです。このヒールフリースキー上達の際には「木を見て森を見ず」の練習があまり意味の無いことを実感しました。細分化した教科書的課題のことだけをやっても上達は遠いものなのです。そうではなく、総合的な滑りをチェックしながら個々の技術の融合や連携を磨いていく、ということを意識してやっていました。そこで初めて基礎まで立ち戻ってその有り難みを知るのです。そうやってセンスが上向いていくように自分を仕向けていったわけです。
 
 
自転車もそうするといいんじゃないかなって思っています。個々の課題に執着しすぎずに「じゃあ全体としてどうなの?」というところを絶えず意識するということです。かなり重要だと思いますよ。反例として例えば、「背中を真っ直ぐにする」ことだけをものすごく気にするけれど、後傾を気にしないサイクリストは多いです。でも本当のところは、自転車の真ん中に乗ってこそ背中の真っ直ぐが活きるものです。
 
 
ここまで書いて、技術をどうやって組み立てるのが効率的かということに終始しているわけですが、やまめの面白いところは、技術とかセンス云々以前にカラダの使い方や関節のやわらかさが重要だと説いているところです。目先の技術論よりももっと根本が大事だよ〜ということです。これはなかなか興味深いことで、技術より前のことがこんなにあるのかということに当初は衝撃を受けました。そう考えると、センスって云うのはやはり奥深いのか・・・自転車については大人になってからのトレーニングでも十分にレベルアップできそう、と最初に書きましたが、そう簡単でもないのかな。。。
 
 

 

2017/09/18

趣味とお金

Dscx1684
 
みなさん、自分の趣味にどの程度お金を掛けているか把握していますか?
 
 
我が家は少し前にHMさんと話し合って家計を全面的に見直すことにしました。その結果、この数ヶ月で一般的な家庭の生活費水準(←マネープランニングのウェブ記事に出てくるような水準)まで引き戻すことに成功しています。
 
我が家を直接知る方々なら容易に想像がつくでしょうが、これまでは大物から小物まで趣味に散財していました。自転車は2人分のロードとMTB(それぞれ代替え有り)にパーツ、スキーは狭い家の中に最盛期は25台も保有し、カメラはこの10年で下取り買い替えがあっても10台以上は取っ替え引っ替え、レンズもボディの価格以上のレベルのものがゴロゴロあり、さらに10年くらい前はボウリング(家の中にキャリーバッグ3台、ボールは15個以上)にと、素晴らしい趣味生活を満喫していました。
 

続きを読む "趣味とお金" »

2017/08/12

ひさしぶりに

Dscf4639
 
ひさしぶりにHMさんとMTB。
 
こんなポジションだったっけ・・・
というほど乗っていなかったんですね。
 

続きを読む "ひさしぶりに" »

2017/07/31

MTBでも手の内を3

4週間ぶりのブログです。
このところ立て込んでいて・・・
 
 

続きを読む "MTBでも手の内を3" »

2017/07/03

MTBでも手の内を2

Dsc08286_2
  
さて、先週末はレバー位置をまたまた変更してみました。少しレバー位置を下げました。

先日(記事)は位置が上過ぎて、腕が水平近く手荷重が抜けた状態ではちょうど良かったものの、ハンドルにドッカリ手を置いて巡航・休憩のとき(つまりグリップを上から掴んでいるとき)は、レバー位置が上過ぎて指を掛ける際にそのレバーがちょっと邪魔。いろんな姿勢の全てで安全にレバーに指を掛けられるのはどの高さだ?と、そういう決め方で決まりました。
 
 

続きを読む "MTBでも手の内を2" »

2017/06/24

MTBでも手の内を

Dsc08241b
 
毎日の通勤で乗っているので、ロードよりも試行錯誤の時間も回数も多いMTB。手の内の効果が出るようにするには・・・と行き着いたのが上の画像。現在のところでベストのハンドル回り。最近いろいろと教えてもらっているMさんも同様とのこと。わかります?ブレーキレバーの位置。水平に近いくらいで、ずいぶん上だと思いませんか?ともすれば初心者っぽくも見えるかも。
 
 

続きを読む "MTBでも手の内を" »

2017/06/17

手の内をつくる2

Dscf4551
 
先日のつづきです。今日はハンドルの角度を少し変えてから走ってみました。冒頭の画像、手の内をつくってみました。なかなかイイ感じでは?
 
ヒジを突っ張らずに曲げてみると、さらによく決まります。というか、ヒジから下を水平に近くするのが、実は効率的に走ることの一つの鍵ではないか・・・ということを強く感じました。それはMTBも同じです。(手荷重が抜けているだけかもしれませんが)

こうすると、ブラケット位置を握っても下ハンを握っても上体はまったく変わらず、ヒジから下だけがブラケットに向かうか、あるいは下ハンに向かうかの違いになります。
 

続きを読む "手の内をつくる2" »

2017/06/10

手の内をつくる

Dscf4543

 
Mさんから追加の課題を教えてもらいました。今日の夕方、ちょっと時間ができたので早速それを試してみることに。前回はなかなかイメージ通りにはいかないんだね〜、なんて思いながら乗っていましたが、新しい課題はまさにそこにうってつけのもの。
 
ここ数ヶ月のやまめの学校の内容は、カラダの使い方の根本を教わって、そこから自転車はどう乗るべきか操るべきかに展開するという、さらに健康教室らしさが進んでおり、私が11月の新工房お披露目会に行ってから、教わる内容もまるごとブラッシュアップされているようです。しかしこのところ安曇野にはなかなか行けず、置いてけぼりになりっぱなし。そこでMさんにコッソリ課題を教わっているわけです。
 

続きを読む "手の内をつくる" »

2017/05/28

イメージ通りにはいかない走り

201705271
 
こんないい気候で乗らないでいつ乗るの?というくらい爽やかな日々が続きますね。
 
先日書いたようにあまり時間と距離は稼がないものの、今週末も短時間ながら気持ちよくロードに乗りました。平日の通勤ライドで描いた走りのイメージを週末のロードで実践してみる、そんな風なロードライド。淡々と走るわけでなく、いつでも何かしら感じたり考えたりです。賛否あるでしょうが、ま、これが自分のスタイルということで。
 

続きを読む "イメージ通りにはいかない走り" »

2017/05/15

自転車にあまり乗らない日々

Dscx0313
 
乗っていないわけではありません。通勤では29erのMerida号です。でも通勤では最短距離を片道10分で駆け抜けるだけ。仕事は定時上がりなのですが、かといって乗る時間を増やすなんてことは全く考えず・・・土日は気の向くままロードに少々、くらい。
 

続きを読む "自転車にあまり乗らない日々" »

より以前の記事一覧